原材料一覧

原材料一覧

すべての原材料は、人が食べることのできるものを使用しています。飼料用の原材料は使用しておりません。

原材料

原材料名 原産国 説明
鶏肉 日本 主に岩手、鹿児島産のむね肉を使用しています。むね肉はもも肉に比べて高たんぱく、低脂肪です。
馬肉 カナダ、アルゼンチン 馬肉は、牛肉に比較してカルシウム、鉄分、ビタミンB12が2倍含まれている一方で、カロリーが低いため、食べても太りにくく、さらに低アレゲンであることから、健康食として使われることが多い肉です。
鹿肉 日本 長野、山口、岡山県のいずれかの鹿肉を使用しています。鹿肉は、牛肉に比較して鉄分、銅分、ビタミンB1、ビタミンB6を多く含んでいます。カロリーは牛肩肉と同程度のあるため、栄養価が高くて十分なエネルギーを確保でき、さらに低アレルゲンであることから、アレルギー対応食としても使われることもある肉です。
鶏皮 日本 鶏皮には、鶏むね肉に比較して、ビタミンA、E、Kを多く含んでいます。あめつちの恵みで使う鶏皮は、消化しやすいように小さく裁断してあります。
鶏レバー 日本 鶏レバーは、鶏むね肉に比較して、ビタミンAは約300倍、葉酸(ビタミンB5)は約130倍、ビタミンB12は約110倍、ビタミンCは約10倍とビタミンの宝庫で、さらに、ミネラルの鉄は約20倍、マンガンは約15倍、銅は約8倍、セレンは約3倍、亜鉛は約2倍も含まれていて、鶏肉だけでは足りないビタミンやミネラルを補給するための食材です。
豚レバー 日本 豚レバーは、鶏レバーと同様のビタミン、ミネラルを含んでいます。鶏レバーと比較すると、ミネラル類がやや多く、ビタミン類がやや少ない傾向があります。例えば亜鉛や銅は約2倍含有している一方で、ビタミンB12や葉酸(ビタミンB5)は約2/3の含有量となっています。
鹿レバー 日本 鹿レバーも、鶏や豚のレバーと同様に多くのビタミン、ミネラルを含んでいるため、鹿肉だけでは摂取できない栄養価(特にビタミンB群)を確保するために使用しています。
豚脂 日本 動物性脂肪を補給するために、豚の脂身をミンチにしたものを使っています。豚ラードに比較するとエネルギー量は低いですがビタミン類を多く含んでいます。
鹿脂 日本 動物性脂肪を補給するために、鹿の脂身をミンチにしたものを使っています。牛や豚の脂と比較すると低温で凝固するため、脂のカタマリになりやすい特性があります。
いわし 日本近海 いわしには、血中コレステロールや中性脂肪を減らし、脳の老化防止効果のある不飽和脂肪酸(EPA、DHA)が青魚の中で最も多く含んでいます。また、カルシウムと、カルシウムの吸収を助けるビタミンD、細胞再生や皮膚・毛に必要なビタミンB2も多く含んでいます。 さらに、肝臓の機能強化に優れたタウリン、さらに、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンなどミネラル分を豊富に含む栄養価の高い魚です。
玄米 日本 もみ殻を取り除いただけで、米の表面の外皮や、胚芽がついている状態が玄米です。外皮や胚芽にはビタミンB1、B3、B6、ミネラルのマグネシウム、リン、鉄、マンガンを含むため、精米したものに比べて栄養価が高くなっています。
押麦(大麦) 日本、カナダ 大麦を消化吸収しやすくするために、蒸してローラーでつぶしたものが押し麦です。大麦は、カルシウムが精白米の約4倍、貧血の予防効果がある鉄は約2倍含まれていて、さらにカリウムやビタミンB1も多く含んでいます。
ホワイトソルガム アメリカ 日本名では「たかきび」や「もろこし」と言われる雑穀のひとつです。グルテンを含まないため、低アレルゲンとしてアレルギー対応食としても使用されます。精白米に比べて、カリウムは4倍、カルシウムは約3倍、マグネシウムは約5倍など多くのミネラルを含んでいます。
かぼちゃ 日本、ニュージーランド、メキシコ 老化防止のビタミンE、β(ベータ)‐カロチンを豊富に含んでいるほか、体内に蓄積されたナトリウム(塩分)を排泄する働きがあるカリウムや、ビタミンB群、ビタミンCもバランスよく含んでいます。
にんじん 日本 緑黄色野菜のなかで、最も多くカロテン(ビタミンA)を含む野菜です。ビタミンAだけでなく、ビタミンB群や、カルシウム、鉄分も含んでおり、栄養的価値が高い野菜の一つです。
ブロッコリー アメリカ ビタミンC、B群、E、Kを多く含むだけでなく、野菜としては特異的に、鉄、亜鉛、銅、マンガン、などのミネラル分を多く含んでいます。これら栄養素は、目根気力の維持や血糖値の正常化に必要な栄養素で、特にビタミンB群の一つである葉酸は、細胞分裂や赤血球の増殖に必要なビタミンです。
トマト(ピューレ) 加工地:日本 原材料のトマト:イタリア 赤い色素は、抗酸化作用のあるリコピンで、老化を予防や、皮膚を健康に保つ栄養素です。また、ビタミンCや脂肪の代謝を円滑にするビタミンB6、水溶性食物繊維として腸内環境を整えるペクチンも多く含まれています。
さつまいも 日本 さつまいもに含む多くの食物繊維は、排便をスムーズにするほか、血液中コレステロールを低下させたり、血糖値をコントロールする作用があります。さらに、ジャガイモに比べてビタミンB5(パンテトン酸)、B6、ビオチン、C、E、葉酸を多く含んでいます。リンゴの約8倍もあるビタミンCは、さつまいものでんぷんにより加熱調理しても壊れにくい性質があります。また、コレステロール値を下げるβカロチンや過剰なナトリウムを排出するカリウムも豊富に含まれる、低カロリーで栄養豊富な野菜と言えます。
ひよこ豆 アメリカ ガルバンゾー、エジプト豆、チャナ豆とも言われ、スープやサラダに使われるくせの少ない豆です。大豆に比較してたんぱく質、脂肪が少ない一方で、ミネラルやビタミンは大豆同様に多く含んでいます。特に、ミネラルではカリウム、亜鉛、銅を多く含み、ビタミンではパンテトン酸、ビタミンB6、葉酸が多いのが特徴です。
粉末昆布 日本 カリウムやミネラルを多く含むほか、肉や野菜にはほとんど含まれないヨウ素が豊富です。ヨウ素は、甲状腺ホルモンを合成するのに必須となる栄養素です。
キャノーラ油 カナダ キャノーラ油は菜種油の一種で、60%程度がオレイン酸、25%程度がリノール酸、その他にαリノレン酸、パルミチン酸などを含んでいます。オレイン酸、リノール酸は不飽和脂肪酸で、コレステロールを下げる作用があります。ビタミンEも多く含んでいます。
オリーブオイル スペイン オリーブオイルは、一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸を70~80%も含み、このオレイン酸は悪玉コレステロールを減らす効果があるとともに、多価不飽和脂肪酸より酸化されにくい性質があります。また、ビタミンEやビタミンKも多く含んでいます。
オリゴ糖 日本 オリゴ糖は、腸内の善玉菌の栄養となって、腸内細菌のバランスを良くして、腸の働きを調える作用があります。
大豆たんぱく 加工地:日本 原材料の大豆:アメリカ 大豆から油を抜き、分解加工して作られます。通常の食品としては「ソイミート」と言われ、脂肪をほとんど含まない良質のタンパク質を摂取できることから、ヘルシー志向の方の肉の代替として使われています。コレステロールを下げるイソフラボン、サボニンを多く含んでいます。
卵殻カルシウム 日本 卵殻を構成して粉にしたカルシウムで、カルシウムの補給のために使用しています。
ビール酵母 日本 ビールを製造する時に使うビール酵母で、ビールをろ過した後に残る酒粕のようなものです。麦汁の栄養素を吸収していることから、おおくの アミノ酸、ビタミンB群、ミネラルを含んでおり、特にミネラルのカリウム、マグネシウム、リン、マンガンの補給に有効な食材です。
コンニャク粉 日本 コンニャクの主成分はグルコマンナンという食物繊維で、腸内で体内の老廃物やコレステロールを吸収し、体外に排出する働きがあります。また、腸内の善玉菌の餌になって悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を改善する整腸作用もあります。
バナナスターチ オーストラリア 青いバナナから作られるでん粉で、レジスタントスターチ(難消化性でん粉)を多く含むため、便通改善、腸内細菌の改善されるだけでなく、カリウム、マグネシウム、マンガンを多く含むことからミネラルの補給にも役立つ食材です。クッキーやパンに混ぜて使用することもあります。
えんどう豆繊維 日本 えんどう豆(グリンピース)の外皮から作られる食物繊維です。ファイバー飲料に使われる他、クッキーやパンのサクサク感や弾力を上げるためにも使用されます。整腸のために使用しています。
ひまわりレシチン オランダ レシチンは、細胞のなかの膜を形成するリン脂質です。あめつちの恵み【鹿肉】で、栄養成分のコリンを補給するために使用しています。大豆を原料とする大豆レシチンや卵黄を原料とする卵黄レシチンがありますが、低アレルゲンを考慮して、ひまわりの種を原料とする「ひまわりレシチン」を使用しています。
乾燥卵白 日本 乾燥卵白は、ケーキつくりのメレンゲを作る時の材料として一般家庭でも使われるようになってきました。卵白はタンパク質を多く含んで、ミネラルのナトリウム、カリウム、ビタミンB2を多く含んでいます。

添加ミネラル

添加ミネラル名 原産国 説明
リン(P) 日本 【メタリン酸ナトリウム】 食品添加物としては、乳製品安定剤などで使われていますが、あめつちの恵みではリンを補給するために使っています。
鉄(Fe) 日本 【クエン酸第一鉄】 鉄分を補給するために用いられるミネラル添加物で、鉄分を補給するための薬、サプリメント、食品など多くのものに使われています。
亜鉛(Zn) 日本 【グルコン酸亜鉛】 母乳代替食品及び保健機能食品(健康食品等)で、亜鉛補給に使われているものです。この他に、亜鉛補給のために使われるものは硫酸亜鉛、炭酸亜鉛、酸化亜鉛、キレート亜鉛があります。硫酸亜鉛はグルコン酸亜鉛と同様に食品添加物として認められていますが、炭酸亜鉛は飼料用として認められ、また酸化亜鉛、キレート亜鉛は日本国内では食品添加物、飼料用添加物として認められていません。
銅(Cu) 日本 【グルコン酸銅】 母乳代替食品及び保健機能食品(健康食品等)で、銅補給に使われているものです。この他に、硫酸銅もミネラル添加物として食品添加物として認められています。ペットフードなどでキレート銅が使われることがありますが、日本国内では食品添加物、飼料添加物としては認められていません。
マンガン(Mn) アメリカ 【マンガン酵母】 ミネラル酵母の一つで、酵母培養時にマンガンの無機ミネラルを酵母内に取り込ませたものです。酵母内に有機ミネラルとして取り込まれているため、金属身もなく人体にも安全だといわれています。一方で、酵母内に取り込まれるものであることから、ミネラル分の含有量は少なくなっています。
セレン(Se) アメリカ 【セレン酵母】 ミネラル酵母の一つで、酵母培養時にセレンの無機ミネラルを酵母内に取り込ませたものです。酵母内に有機ミネラルとして取り込まれているため、金属身もなく人体にも安全だといわれています。一方で、酵母内に取り込まれるものであることから、ミネラル分の含有量は少なくなっています。

添加ビタミン

添加ビタミン 原産国 説明
ビタミンA 日本 【レチノール】 脂溶性で光、熱、酸素に弱く、酸やアルカリには強い性質を持ちます。ビタミンAは、皮膚の粘膜形質を助けたり、感染症に対する抵抗力の強化、目網膜の形成に重要な役割を持っています。ビタミンAが不足すると、目の病気になったり、免疫抵抗力の低下、乾燥などの肌荒れを引き起こす可能性があります。
ビタミンB5 日本 【パントテン酸カルシウム】 水溶性で熱、酸、アルカリに弱く、光や酸素には強い性質を持ちます。パントテン酸はビタミンB5とも呼ばれ、細菌や病原菌から体を守る抗体の生成を助けたり、糖分や脂質、たん白質などの代謝にかかわり、皮膚を毛を正常にたもつ働きをします。パントテン酸が不足すると、抗体が減少して抵抗力が低くなったり、皮膚炎や毛つやが悪くなるなどの症状が出る場合があります。
ビタミンD 日本 【コレカルシフェロール】(ビタミンD3) 脂溶性で光に弱く、熱、酸素、酸やアルカリには強い性質を持ちます。ビタミンDは、カルシウム、リンの吸収を促進させる役割があり、ビタミンDが不足すると、くる病、骨軟化症、骨粗鬆症を引き起こす可能性があります。
ビタミンE 日本 【d-α-トコフェロール】 脂溶性で光、熱、酸素に弱く、酸やアルカリには強い性質を持ちます。ビタミンEは、血中のコレステロールの酸化を防ぐことにより、悪玉コレステロールの値を下げ、血行を良くして動脈硬化、肌荒れの予防に重要な役割を持っています。ビタミンEは、ビタミンA、Cとともに、抗酸化ビタミンと言われます。

ページトップへ